meineko’s blog

つくばの某独立行政法人勤務の植物屋です。ただし、ほぼ、趣味の天文の話題がメインです。画像の多くは、右クリックで画像だけを表示するを選ぶとオリジナルサイズで表示されます。

AAVSO 100周年記念総会

悩んでいるうちに、うっかり、ポスター発表の締め切りを過ぎてしまいました。
#9/5までだと勘違いしていました。締め切りは、9/1で、9/5は、口頭とポスターの発表の仕分けが発表される日でした。
スペースがあれば、9/16まで受け付けるというので、History of amateur variable star observations in Japan.というタイトルで慌てて申し込みました。
さて、どうなるでしょう?
問題は、16日以降に当落が決まるのを待っていると、ポスター印刷を出す時間が限られることですね。

オンラインストレージ

ふと思ったのですが、オンラインストレージをマウントできれば、DBVS2000で作ったデータベースファイルをオンラインに置いて、windbvsから呼べるんでないかと?
オンラインストレージをドライブとしてマウントするツールはあるようです。

で、まずは試しと、LAN上の他のPCにおいて共有設定してドライブとしてマウントしてやると、ちゃんと使えます。
でも、一般公開は、セキュリティ的に無理ですね。
試しに、read onlyにしてみただけで、使えませんでした。


まぁ、一般公開は無理でも自分専用ならどうにかなるかもしれません?
でもそれだと、オンラインストレージにおいておいて、使うときは、ローカルにcopyして使うのと大差なさそうですが。


(追記)
Windows Liveのアカウントは持っていたので、SkyDriveにdbfファイルを置いて、Gladinet Cloud Desktopでマウントしてみました。
windbvsでアクセスした途端、ローカルにcopyしたようです(w)。
なるほど。

インドの天文台

インドの天文史跡が話題になっていたので、便乗で、インドの現代の天文台について。


以下は、いずれも、Indian Institute of Astrophysicsの天文台です。
The Vainu Bappu Observatory
2.3m Vainu Bappu telescopeと1m Zeiss telescopeの2台
Indian Astronomical Observatory
メインは、2mのRCだそうです。


Girawali Observatory
こちらは、The Inter-University Centre for Astronomy and Astrophysicsの天文台だそうです。
2mカセグレン反射だそうです。


まだ、あるのでしょうが、googleっていて、目立ったのは、このあたりです。
インドの天文学者の方は、以前から、新星や変光星の赤外測光の論文を多数書かれています。